Web2.0ってなんなのさ。

最近、「Web2.0」って言葉が大流行みたいです。少なくとも自分の周りではこれを口にする人は誰もいないけど、チェックしてるブログやニュースサイトでは毎日見掛けます。はてな界隈では、その定義やそもそもの存在意義をめぐって論争(?)が起きてたりもしますし。

かくいう自分はというと、正直、定義はまだ漠然としか分かっていないですけど、少なくともblogやSNSがここまで広まったことで、Webの世界が数年前と別物になってることは確かだよなぁ、とはハッキリ実感できます。これが「Web2.0」なのかといえば、それはまた違うらしいですけど。

いずれにしても、この時期にWeb上のサービスを提供できる会社は(メンテナンスやサポートとか苦労もあると思うけど)仕事が面白いだろうなぁ、と思います。

「SEOだ!」やれ「アクセシビリティだ!」だと、ユーザーの姿が見えない中、毎日静的なページをせっせと量産してる立場からすれば、ユーザーが自由にできる空間を日々提供できることは、もの凄く意義のあるものに思えるし、正直、うらやましいです(笑)プログラムの1つや2つ、勉強しておこうじゃないか!、と思う今日この頃です。ていうか勉強してます。ぐおー。

発想を横に転換

最近気が付いたんですけど、Webにしろ、PCのデスクトップにしろ、デジタルでは全部「横書き」が常識、というか当たり前ですよね。電子書籍とかPDFは別にしても、特にWebに関しては「縦書き」は皆無に等しいというか、その存在を忘れてしまっているくらいで。もちろん、技術的に難しいって問題があるとは思うんですけど。

そこで、Webの世界に「縦書き」を持ち込もうとするblogサービスが現れました。

縦書きブログ構築サービスは、シックス・アパートのブログツール「Movable Type」をベースにしたサービス。Windows環境下ではInternet Explorer上で縦書き表示が可能で、マウススクロールにより右から左へと横方向に記事部分がスクロールする。それ以外のOS、ブラウザ環境でも XMLとMacromedia Flashを利用した縦書き表示が可能で、表示ページへは自動で切り替わる。 (INTERNET Watch | Internet Explorer以外でも縦書き表示が可能なブログ構築サービス

実際にブログにアクセスしてみましたが(縦書きブログ「八軒家南斎その日その日らく描き絵巻」)、やっぱり「縦書き」がかなり新鮮に感じます。思いの外読みやすいし。なんと、投稿フォームも縦です。WinのIE以外ではFlashでカバーしているのは仕様がないとして、こういうアプローチは面白いなぁ、と思います。

いつまでも「見出しは著作物」

今日、こんなニュースがあった訳ですが、どうも嫌な予感がします。

このニュースで気になるのは、「見出しの著作性が否定された」ことではなくて、新聞社が相変わらず「見出しは著作物だ!」と主張していることです。

 インターネット向けに配信した記事の見出しを無断で使用され、著作権を侵害されたとして、読売新聞東京本社がネットニュース配信会社に使用差し止めと損害賠償を求めた訴訟の判決が10月6日、知的財産高裁であった。

塚原朋一裁判長は見出しの無断使用を不法行為と認め、請求を棄却した一審判決を変更し、約23万8000円の支払いを命じた。

読売新聞側は「見出しは著作物であり、著作権法で保護されるべき」と主張していたが、判決は「著作物として保護されるための創作性があるとはいえない」として一審判決同様に認めなかった。(ITmediaニュース:新聞見出し無断ネット利用に賠償命令 著作物性は再び否定

以前のエントリーで調べてみた通り(大手ニュースサイトのリンクポリシー)大手新聞社のニュースサイトは殆どリンクも引用も認めてません。が、ブログではニュースを引用して自分の感想や考えを載せるのが当たり前。ここに温度差を感じていた訳です。

そして、今回の件です。「見出しは著作物だ!」と主張し続けている以上、大手ニュースサイトのRSSを独自で配信してるBulknewsやはてなブックマーク等のソーシャルブックマークに目をつけてきそうで不安です。なんだか窮屈な話です。仮にはてなに警告してきたりしたら、それこそブロガーから非難囂々だと思いますけど。

QRコードはそりゃあ便利なんだけど…

つい先日、友達と携帯電話の話をしてたらこんな話題が…。

友人「あのさぁ、このメニューの端にある“バーコードリーダー”って何に使うの?」
自分「(電車の中刷り広告を指差して)あの四角いバーコードみたいな模様があるじゃん」
友人「うん」
自分「それを携帯のカメラで読み取ると、携帯のサイトにアクセスできたりするんだよ。そういう機能。QRコードっていう、あれ。」
友人「あ、そうなんだー。」

この手の話、たぶん3度目くらいです。普及しているように見えて、その利用方法とか存在を知らない人は意外と多いんじゃないかなぁと、個人的に感じてます。ITmediaの記事でもこんな指摘がありましたし。

実際に使ったことがある人なら分かると思うが、QRコードの読み取り機能は、メニュー階層構造の下位にある機種がほとんどだ。カメラ起動後にサブメニューから呼び出す機種もある。またAF機能のない機種ではカメラを接写モードに変更しなければならない。(ITmediaビジネスモバイル:普及進むQRコードは、使いやすさ向上が課題

普通にカメラを起動してQRコードを撮影してたら「あれ?何も起きない?」って人、結構いるんじゃないかなぁ、って思います。ちょっと気掛かりです。

「カスタマイズ用」テンプレート!

うわー!先を越されたー!春にFC2ブログの公式テンプレート作ってた時にそういうアイデアがあったんですけど、そのまま記憶の彼方へ(笑)

日頃はFC2ブログをご愛用いただき誠にありがとうございます。
この度カスタマイズ用テンプレートを追加しました。

このテンプレートの見所は以下の点です。

1. アクセシビリティの向上
2. 新タグの導入
3. プラグインの導入
4. 絵文字の導入(標準ではオフにしてあります)
5. アフィリエイト誘導
6. 外部スクリプトの導入
7. カスタマイズを促すコメント群

オリジナルテンプレート作成などにご利用ください。(FC2インフォメーション カスタマイズ用テンプレートを追加

カスタマイズのし易さもテンプレートの評価基準なんじゃないかと思ってたので(叩き台にするテンプレートが複雑なソースだと偉い苦労しますし)、かなりいい所を突いてきなぁ。

かなりシンプルなソースなので(過剰なDIVとかは無し)、CSS初心者のヒトは段階的にカスタマイズにチャレンジできそうな作りです。FC2ユーザーの方はぜひ。

ワンソース・マルチユース

はてなブックマークの携帯版使ってて思ったんですけど、CSSと画像切るだけで、PC向けのサイトも結構読めちゃうもんですねー。(※PC向けのサイトをCSSと画像を切って携帯向けに変換してくれるのです)今日も帰りの電車の中で、読みかけのブックマークをいくつかチェックしてました。便利です。

特にアクセシビリティ周りに配慮してるサイトだと、本文が真っ先に来るように(ないしは、メニューをスキップできるように)HTMLが組まれてるから、なおさら読みやすいです。

フルブラウザを積んだ携帯がいくら普及しようが、携帯向けサイトは相変わらずキャリアごとに仕様がバラバラで、Web標準への動きと比べちゃうと、「ワンソース・マルチユース」なんて理想は到底実現しそうにないのかなー、と思ってたんですけど、こういう形でなら案外、絵空事では終わらない気もします。

政見放送をストリーミングで

早朝や昼間に流れてる「政見放送」なんですけど、あの時間帯に一体どれくらいの人が見てるんでしょうか?HDDレコーダーで撮るのは別にして、リアルタイムであの時間帯に1からチェックするのはちょっと厳しいんじゃないかと。…といっても、たぶんゴールデンタイムとかプライムタイムに流されても、まず見ないと思いますけど(笑)

ネット上での選挙活動が事実上禁止されているなら、いっそのこと政見放送をストリーミングで流すくらいのことは、国がやってもいいんじゃないかと思います。これこそ、自分が見たい時に、気になる候補者ないしは党を自分の都合のいい時にチェックできるわけですし。

コーディング部門もあるコンテスト

WebCreatorsの今月号の広告で知ったんですが、パソナテック(IT系の人材派遣会社)が「Web Creators Award 2005」ってコンテストを開催するようです。詳細は当コンテスト企画は、只今準備中です。とのことで詳細は不明なんですが、<フリーデザイン部門>と<ページ・コーディング部門>の2部門があり、応募資格は20代限定とのこと。

コーディングぐらいしか取り柄の無い自分にとっては、<ページ・コーディング部門>が気になるところです。まだまだ20代ですし(笑)。OCN DESIGN AWARDSみたいな感じなんでしょうか。ただ気掛かりなのは、自分がパソナの競合会社の派遣スタッフだという事(笑)受賞したあかつきには移籍ですかー?

名古屋市公式サイトの気になる機能

先日発表されたアックゼロヨン・アクセシビリティアワードで総理大臣賞を受賞した名古屋市の公式ウェブサイトの変わった機能をちょっとご紹介。

「文字を大きくする」ボタンの横に「文字を元に戻す」ボタンがあるんですが、それをクリックすると…

画像:アラート画面

「ただいまの文字サイズは18pt(標準:12pt)です。元に戻しますか?」といったアラートが表示されます。文字サイズを変更できるボタンは珍しくはないんですけど、こういった「断り」を入れてくるのは初めて見ました。

…ただ、これがユーザーにとって有益な機能かどうか、ちょっと想像が付きません。想像力が足りないのかなぁと、思いつつも、どうしてもこの機能を入れる理由がはっきりしないんです。「pt」って単位が分からない方もいらっしゃるだろうし、でも標準サイズを表記しているから、数値で文字の大きさを知る事ができるから良いのかも…。んー。

ホリエモンは総選挙には出ない方が良かった理由

未だにどこの党に投票しようか決めかねてる思いっきりの無党派層な自分です。でも、「ホリエモンは総選挙に出馬しないほうが良かったんじゃないか」、とは思ってます。といっても、政治家に向いているとか向いてないとかそういう意味ではなく。

続きを読む >>

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦