クラスチェンジしました(その1)

マークアッパーを卒業してました

すでにTwitter等でお知らせしてますが、改めまして。

1月31日付で、マークアップエンジニアからインフォメーションアーキテクトにクラスチェンジしました。

今の会社に入社してから、マークアップエンジニアを4年強名乗ってきたのですが、この度あっさりとその歴史に幕を下ろしました。

クラスチェンジの経緯については改めて書きますが(いろいろとあるのですよ)、正直、IAを名乗って良いものか躊躇する気持ちも若干ございます…。

クラスチェンジはしたものの

今までも、IAっぽいことはやってはいました。ワイヤー書いたり、サイトマップ作ったり、とかいろいろ。
ただ、あくまで「ぽいこと」であって、これが正しいという確証が無いままやっていたというか、要は自己流でやってたわけです。

なので、IA名乗れるほどではなく、その周辺の知識も経験は、狭く浅いと思うのです。

あと4年ほど前、あるイベントの懇親会で、軽い気持ちで「インフォメーションアーキテクトとか憧れますねー」と口を滑らせたところ、ある方から「IA名乗れるのは、それこそ大学で専門的な研究やってる人くらいだから、軽い気持ちで憧れるとか言うな」と本気で怒られたことがありまして…。

その定義の是否はともかく、「簡単に名乗ってはいけないもの」というイメージが自分のなかでは未だに根強く、ホントに名乗って良いものやら何なのやらな感じなのです。

ただ、もう既に名乗ってしまっていますから…。やるしかないんです。やるしか。

引き返せませんので、しかし

今までも、マークアップエンジニア名乗りながらも、アクセス解析のレポートまとめたり、社内外の打ち合わせの進行やったり、ワイヤー書いたり、サイトマップ書いたり、ヒューリスティック調査やったり、議事録まとめたり、お茶入れたり…。何かと手広くやってきましたが、今回のクラスチェンジは、その辺りの総決算だと思ってます。(ちなみに相変わらずコーディングのお仕事も全然やってます)

「マークアップエンジニアも、実装だけじゃなくて、サイトの企画設計からどんどん絡まないと…!」と何かと口走っていた自分にとっては、まさに望んでいた状況でもあり、弱音も愚痴も吐けない状況でもあり…。転機でもあり正念場でもあり…。(よく分からない)

まだまだ IA名乗るには、だいぶ背伸びしないといけない状況ですし、正直不甲斐ない結果だったり、初歩的なミスをやらかしたり、思うようにいかない場面は多いですが、じたばたしながらも良いお仕事ができればいいな、と思ってます。

そもそもなんでIAなの?とか、ここに至る経緯はまた改めて。
ひとまずご報告でございました。

3DS体験会に行ってきた

新年の抱負の後のエントリーがこれかいっ、て感じですが、なかなかこういう機会もありませんので、ってことで。

土曜からCMが流れ始めたり、公式サイトが公開されてたりして、行こうかなーどうしようかなーと思ってましたが…、ふと思い立って行ってきました。3DS体験会。

Appleみたいに、発表や発売がワクワクするガジェットを作るメーカーって、日本にはそれこそ任天堂くらいしかないし、そのメーカーが新たに発表したハードがいち早く触れるならやっぱり行ってみたい…!と思いまして。

ただ、思い立ったのが昼過ぎで、幕張に到着したのが閉会1時間前とかなりギリギリだったのです…。正直開場の10時から並んで、片っ端からソフトを遊び倒しとけばよかったと、軽く後悔。

でも、閉会ギリギリだったせいか、だいぶ人が帰り始めていて、行列もさほど長くなく、滞在1時間で2本ソフトを遊べました。ほっ…。

「飛び出す」ではなく「水槽っぽい」

肝心の裸眼3Dですが、……なかなか凄いものがありました。

ただ、「おおっ!」ていう驚きではなく、「あぁ、こういうことかー」という納得感の方が強い印象。

今やってる嵐のCMの中では二宮くんのリアクションが一番近い感じでしょうか。

「飛び出て見える」というよりも、液晶に奥行きをハッキリ感じました。
後でtwitterで指摘されて、なるほど!と思ったんですが『水槽っぽい』という表現が一番しっくりくるかなと。

初めて見た時、思ったほど驚かなかったのが正直なところなんですが、会場出ていろいろ思い返してみると「やっぱりあれ、凄かったなぁ…」とじわじわと実感が…。

既にスマートフォンや携帯に3D液晶が搭載されてたりしますが、やはりゲーム屋さんがゲームの為に用意した液晶だからなのか、それらよりもより強い立体感でした。

3D液晶の現実的なメリット

時間もないし行列の短めのソフトを…、ということで「STEEL DIVER」(任天堂:潜水艦を下のタッチパネルでレバーを引いたりしながら操作するゲーム)と「リッジレーサー3D」の2本を選らんでみました。

どちらも「3DS買ったら間違いなく一緒に買う」ってくらい面白かったんですが、遊んでみて、3D液晶のメリットをハッキリ感じました。

奥行きがハッキリ分かることで、ゲームが遊びやすくなってるんです。例えば…

  • 遠くから飛んでくるミサイルと自分の潜水艦との距離が分かりやすい(よけやすい)
  • 自分から敵の艦隊の距離がつかみやすい(ミサイル打ってから着弾するまでの時間が分かりやすい)
  • 前の車との距離が分かりやすいので抜きやすい
  • カーブまでの距離が分かるのでドリフトするタイミングが分かりやすい

横スクロールのゲームだと、それこそ水槽を覗いてる感覚なんですけど、レースゲームみたいな自分の視点で遊ぶゲームだと確実に遊びやすくなってるなーと。3D液晶と聞くと、初めて見たときのインパクトばかり強調されがちですけど、慣れてくるとこういうメリットも見えてくるのかなと。

買う?買わない?

……で、結局2月に3DS買うか買わないか、ですけど…。

たぶん、買います。

iPhoneとかiPad以外で、実際に触ってみて「あ、これは家に持って帰りたい」って思うものって最近なかなかなかったんですが、ひさびさに軽く感動しましたし。ここは素直に買いましょう。はい。

あと、ハード自体はDSと大きくは変わってなくて、重くもなく大きくもなくちょうど良い感じ。この辺りの安心感も大きいです。
ホントは明日の体験会にも行ってちゃんと遊び直したいところなんですが、いろいろやることがたまってるので、グッと我慢します…。

2011年の抱負みたいなもの

2011年、明けてしまいました。
なんだか、例年以上に「年が明けた!」ってていうハッキリした感覚がなくて、「あー明けちゃった」という、ちょっと特別な休日くらいの感覚だったんです。
ここ4-5年くらい、COUNTDOWN JAPANで年越してたんですけど、今年はチケットを取り逃したこともあって、家で大掃除しつつのんびり越したのもあるんですけど、なんというか、たまには静かに過ごすのも良いかなと。

…という、うだつの上がらない年末年始の報告はさておき、今年もネコゼをどうぞよろしくお願いします。

さて、今年一発目の更新ということで、今年の抱負をつらつらと書いていきたいと思ってます。

今年のテーマ:『頑張らない』

はい、今年のテーマは『頑張らない』です。

去年、仕事で何かとハードな状況というか、「終電・徹夜は当り前でなんとかしなきゃいけない」みたいな状況が何度か起きまして、心が折れる瞬間というのも何度か経験しまして…。

なんというか「睡眠時間を削ってまで頑張ればなんとかなる」とか「土日休日を潰せばなんとかなる」とか、「無理して頑張る自分」という想像上の自分に変に期待してはないかなと思ったんですよ。

仕事でどうしようもなく、そういう状況に追い込まれてしまわなくても、自分がやりたいことを「なんとか頑張ればできる」くらいの、えらいざっくりとしたイメージでしか考えられずいたり…。

「頑張る」って何をいつ、どう頑張るのさ、と。それは現実的な判断なのか?ただ夢のような甘い甘い考えなのか?
っていう、冷静な自分を持っておかないと、身体も持たないし、やりたいと思ってることもやらなきゃいけないことも、このまま中途半端に終わってしまう。

だから、「頑張る」という言葉を過信しない・「頑張る」という言葉に逃げない・無理をしない・冷静に今の自分がおかれている状況を考え判断して行動する……ことにしようかなと。

去年で三十路になっちゃいましたので、こういうことをまずはちゃんと意識していこうかなと思ってます。

今年のテーマはこれなんですけど、他にも「子テーマ」くらいのレベルのものも幾つかあるので、簡単に…。

「自分のこれからをシビアに考える」

前述の話とだいぶ被るんですけど、自分のやりたいことを、いつ・どこでするのか?そのための時間やお金はどう確保するのか(捻出するのか)、そもそもそれはこれからの自分に本当に必要なのかetc、シビアに考えたいなと。

あれもこれもと言っては、限られた時間でできることはほんの僅かなので、そこはある程度絞り込んでいかないとなーと。

「もう少し『欲』を出す」

えーっと、これはですね…、分かりやすく言えば「給料」周りの話とかですね。
正直、今の暮らしにはそこそこ満足してるんです。
家は狭いけど大きな不満はないし、給料はなんかそこそこな感じですけど必要最低限はもらえてるのかな、とか、もうちょい大きなテレビが欲しいけど20型でも別にいいかな、とか、浮いた話は大して無いけどまーこんなもんかなー、とか。

…ただし。年齢的なこともありますし、…というか年齢的な話なんですけど、もうちょい背伸びせんといかんなーと。
周りの人達を見てると、いろいろ思うところもあり…。

なんのこっちゃって話ですが、まぁ、そういうことで。

「カッコ悪くても『やるべき事』を十二分にやり遂げる」

これは具体的にはですね、今参加させてもらってるアマオケの話が特にそうです。

今年から、ひょんなことからパートトップを任されることになっちゃったんですが……、
正直、楽器が吹ける、以外何も分からないとうか、かろうじて楽譜が読めるレベルで、人をまとめたり練習組んだりなんて経験は皆無で、正直不安以外何もない状況だったりするんです。

あと、仕事方面では、実は今年早々に「マークアップエンジニア」からIA的なお仕事にクラスチェンジすることになりまして…。いままで自己流というか「なんちゃって」でやってきたIA的な作業について、それ以上のレベルまで、というか肩書き的に名乗れるレベルまで行かないといけない状況になるんです。

他にもいろいろあるんですが、「自分が今できないこと」はあっさりと認めてしまって、その上でやらなきゃいけないことをちゃんとやろうと。そうしないことには、何も前に進まないなと。

その他細々したこと

他にも細々した考え事はあるのですが、きりがないのでざっくりと箇条書きで。

今の会社に入って5年経つので、5年間の総決算をする
…曲がりなりにもくずぶりながらも5年間やってきたことについて、自分なりに結果を残したい
IAとしての勉強を1からする
自分のメディア(ブログとか)を再構築する
…直近だとこのブログのリニューアル。あと、何かと語りがちなテレビ関係ネタを別ブログ(はてなダイアリーあたり)に独立させようかなと。
ハマケン(SAKEROCK他)みたいなトロンボーン吹きになりたい
…新譜がカッコよ過ぎまして…。あれだけ気持ちよく吹いてみたいなぁと。今年はちゃんと練習しようと。

わーわー言うとりますが…

ごちゃごちゃ書きましたが、三十路迎えて、ようやく自分の置かれてる状況とか周りの状況が少しずつ見えてきたかなと。

それを踏まえて、「頑張らずに」ちゃんとしたいと思います。ちゃんとした大人になりたいと思います。はい。

長くなりましたが、今年もブログ、twitter、イベント等々でお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦