実は使えるアクセスキー?(訂正編)

先月、「実は使えるアクセスキー」なんてエントリーを載っけたのですが、…ちょっと恥ずかしいことが判明したのでご報告。

CYBER@GARDENの益子さんのブログにこんなアクセスキーに関してこんな指摘がありました。(Web::Blogoscope: Webアクセシビリティ雑感

ところで、リンクやフォームコントロールにaccesskey属性でショートカットキー(キーボードショートカット)を指定するのはどれだけ意味があるのだろうか。よく知られた問題点に、OSやブラウザのショートカットキーとのバッティング、ブラウザやサイトごとの不統一さがある。
サイトがショートカットキーを指定しているということは、すなわちそのサイト独自のブラウジングルールを押しつけていることになる。ショートカットキーの説明ページを長々と用意しているサイトがあるが、「小さな親切、大きなお世話」になってしまってはいないか。

NHKの福祉系のサイト(NHKハートプロジェクト)でもアクセスキーを全面的に押し出しているのを見て、キーボードアクセスの人にとっては便利な配慮かもしれない、と思っていたのですが…。実際に使う人にとっては、余計なお世話になる可能性があるという訳です。あいたたた…。

ちょっと話が反れますけど、最近、「WebアクセシビリティJIS準拠」を謳うサイトを見掛けるんですが、「使いやすいかどうか」の評価は「規格をどれだけ遵守したか」によるのではなくて、結局は実際に使う人がどう感じるかなんですよね。ヨミウリオンラインを実際に使った、中途視覚障害者の方の感想を拝見して、「なるほど」と感じた事をいまさら思い出しました。(ハーモニーblog:あさひcom VS ヨミウリオンライン)いろいろ、肝に銘じておきます。

見出しタグにtableを含めても良いらしい、けど

HTML辞典より

ヘッダのタイトル画像を含んだテーブルを見出しタグ(h1)で囲んでるソースをとあるサイトで発見。ん?

HTMLとしては見出しタグに含めても間違ってはないらしい。でも、なんだか腑に落ちない。何を見出しとしてるのか分からないというか。違和感が。んー。

業界の常識は世界の非常識、が2点ほど

画像には必ず高さと幅を指定するよーに、と駆け出し当初の「DreamWeaverを立ち上げるだけで心拍数が上がる」私はよく先輩社員さんたちから聞かされてました。なんとなく納得してました。が、しかーし!

続きを読む >>

Dreamweaverに当たり前の機能を追加

Dreamweaverに、ついていてもおかしくないのに、何故かついていない機能を追加する方法を2つほど。重宝しております。

…にしても、なんで新規作成すると拡張子.htmがデフォルトなんでしょうか?なんか理由があるのか、昔の名残なのか。謎です。

Flashをダウンロードする法

Flashをダウンロードするには、フリーウェア(名前忘れた…)を使うかしない限りムリだと思ってたんですが、なんと!Firefoxで簡単にダウンロードできてしまうようです。なんですってー!

ページ上で右クリック。
「ページの情報を表示」で、「メディア」を選択。
リストの中から欲しいものをクリックして「名前を付けて保存」でできるかと。
Firefox でフラッシュをダウンロードする - えむもじら

…ていうか、画像を落としてくるのと手順は大して変わりません。何度か、「これダウンロードできたらなー」と思う場面があったんで、個人的にはかなり朗報なんですが、……、これ良いんですか、使っちゃって?簡単すぎて逆に怖い(笑)

手っ取り早く表を作る法。

今日、物凄い行数のエクセルのデータが先方から送られてきて、それをHTMLで公開して欲しいとのこと。

で、これは地道にやるしかないよなーと思い、ちまちまと1つ1つセルごとにコピペしていたら、同僚からDreamWeaverを使ったも手っ取り早い方法を伝授されました。…、正直、今日まで知らなかった自分を呪いたいです。呪われてしまえ!以下、その方法。

  • まず、エクセルのファイルをCSVで新規保存
  • DreamWeaverのメニューから、「挿入」→「テーブルオブジェクト」→「表データの読み込み」
  • あとは、先ほど作成したCSVファイルを読み込み、セルの余白等々を設定すれば、はい、出来上がり

見込みの半分くらいで作業はさくっと完了しました!素敵だ!……、これまで、せっせとコピペしてたあの時間は何だったんだろう…。「こんな量、1時間じゃ無理ですよ!」って突っぱねた日もあったよーな…。

背景画像が神隠し

昨晩、たまたま仕事を早めに片付けられたんで、自宅でここのテンプレをいじってました。余計なdiv使ってんなー、とか自分の半年前の無茶なCSSを他人のものように罵倒しつつ。

ガラっとリニューアルするのも大変なんで、左寄せだったコンテンツをセンター揃えにするくらいに止めておこう、……とCSSをいじっていたら…。

背景画像がまったく表示されない?!記述間違ってないのに!
…とまぁ、 思いっきりどツボにはまり、ちょっとのつもりが深夜26時近くまで泥沼状態。

結局、clear:bothを指定したボックス(copyright)をfloatで左右に振り分けたボックスの下に置いて、あっさり解決。平日にテンプレいじるのは危険だと身を以て知った次第です(笑)。同じような状況に陥っている人の為に、念のためその時の状況を記載。

続きを読む >>

adとかbannerって文字列を使うとマズいらしい

会社から緊急エントリー。
ブログ(blog)のタネで載ってたんですが、
ファイルやフォルダ名にadとかbannerって文字列を使うとマズいらしいです!
bannerやadというのがURLに入っていると見えない場合がある!!: ブログ(blog)のタネ
どうやらノートンアンチウイルスで広告ブロックを起動しているとbannerとかadとかのフォルダに入っている画像が表示できないという現象があることがわかりました。いや〜知らなかったよ。これって有名?これからはadやbannerはファイルや画像の名前に使うのはやめよっと。
知らなかった…。

「サイトが更新されていないようなんですが…」
「(それはキャッシュだよ!)えー、それはですね…」
なんてことは日常茶飯事なんですが。
勉強になりました。

ローカルでブラウザ検証手当たり次第

ここ1ヶ月、いや、2ヶ月くらい、safariのキャプチャーを撮ってくれるicaptureやIEのバージョン別のキャプチャーを撮ってくれるieCaptureがずーーーーっとダウンしてます。
ちょっと困ってます。特にicaptureは未だに自宅がMacOS9の自分にとっては唯一の検証手段だったりするんで…。

そんな中、Stylesheet Stylebookのブログにこんなサイトが紹介されてました。

evolt.org - Browser Archive
ブラウザを開発したオフィシャルサイトへ行ってもダウンロードが中止になっていたりなかなか手に入らない場合が多いですが、メジャーなのからマイナーなのまで様々なブラウザを保管しているブラウザ博物館のようなページがあります。
凄い!何が凄いって、ブラウザの元祖、Mosaicまで収録されてる!!IEのバージョン1とか!エピソード1ですよ!Webの!
さすがにMosaicで検証したりしませんけど(笑)ネスケ4が見つからず、ここからCommunicatorごとダウンロードするはめになった自分としては、宝の山ですよ。すごい。
続きを読む >>

机上のアクセシビリティ

えーっと、ここ最近、サイトのリニューアル案件でデザイナーさんといろいろお話しするんですが、「アクセシビリティ」もちょっと話題になります。
例えば、フレームを使ってるサイトについて。
「現状だとフレーム使ってますけど、これだと、全然アクセシビリティが無いですよね。JIS規格でも“使うべきじゃない”って指摘されてますし。」
「でも、一応、音声ブラウザでは読み上げられるんでしょ?外すとなると大変だし…」
「まぁ、そうですけど使いづらいんじゃないですか?音声ブラウザだと。いちいちフレーム選んで…」
「でもクレームは来てないみたいですし、いいんじゃないですか?」
「…そうなんですか?」
「えぇ」
「…本当に?でも、フレームはあまりオススメできないですし…」

……、とまぁ、こんな会話が繰り広げられてたんですが、結局のところ、机上の空論な気がしてしまいます。実際に使ってる障害者やお年寄りの声はこの会話のどこにも登場しません、よくよく振り返ってみたら。
続きを読む >>

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦