デスクトップのスピード狂

日産デスクトップツールの新ガジェット、CUBEミニカーを走らせては八つ当たりして仕事してました。このやろー、どこへでも行けー。えーい。(※…という姿を上司や先輩に目撃されると気まずいので気を付けましょう、自分)

うっかりミクシィ

会社の新人くんとの会話。

「先輩ってmixiってやってるんですかー?」

「んー、一応、やってるよー。ほとんど、お試しって感じだけどねー。」

「まじっすか?!俺も入ってるんですよ!帰ったら探しますよ!」

「……、あの、いや…、その…、」

えー、ここで、ご本人に改めてお願いです。探さないでくださーい

(※会社の人間には誰一人としてこのブログ等々、ネットでの行動については一言も話していないのです。恥ずかしかったり危なかったり、なので。)

結局、rubyタグはアリなのかナシなのか。

クライアントさんからの「ここの人物名にフリガナをふってください」とメールが届く。すぐさま、「IE以外のブラウザではフリガナは表示されずに括弧書きで表示されますからモゴモゴ…」と即答しようとしたものの、ふと疑問が。結局、rubyタグって使って良いの?悪いの?

よくお世話になってる、CYBER@GARDENのHTML辞典に、

ルビは日本・中国など漢字圏の国々に特有のものであるため,HTML 4.01では定義されていないと思われる。(中略)W3Cワーキングドラフトでは、XHTML 1.1 に取り込まれるかたちで正式に採用された。

…とあるように、XHTML 1.1から正式に認められている模様。でも、IE5.0以降でないと対応してない、という微妙な実装状況。あと、音声ブラウザに関しても、2度読み上げられるようで、これも「2度も読まれて煩わしい」という見方も「ルビの方で正しい読みを伝えられる」という見方もできるし、これもまた微妙。

業界的には使わないのが通例だと思うのですが、使っちゃだめというわけでもない、故にやっぱり微妙(笑)

時にはロボットのように

昨日は諸事情で「画像をただひたすら補正&リサイズ、書き出し数百枚」という作業を延々と続けてました。「これくらいなら、バッチ処理使えばいっかー」と思ったものの、現実は厳しく。いろいろありまして。

で、ずーーーーっと画像補整・書き出しをしていると、いつの間にか動きがカクカクしたロボットチックに。もはや自分の意志ではなく、体が勝手に動いている感じ。人力バッチ処理(笑)

で、ならロボットになりきってみようということで、iTunesでピコピコ系の選曲ばかりしてたら、妙に面白くなって、妙に仕事がはかどりまして。2日は持たないと思うけど。

HTMLコーダーの生きる(生き残る)道

昼休みに、最近会社に入ってきた新人さんと仕事トーク。そこでこんな話に。「HTMLコーダーっていうか、Webオペレーターの類の仕事ってこれからどうなるですかねー」

個人的には、月並みな話ですけど、これから、SEOやアクセシビリティの両側面から、Web標準が当たり前になっていくに従って、HTMLコーダーって仕事はかなり変化を求められるというか、極端な話、コーダーって職種自体消滅してんじゃないか、という予感がしてます。予感、なので薄っぺらい話だったらスイマセン(笑)

続きを読む >>

いろいろ節目節目

新年度おめでとうございます(社会人なりの精一杯のギャグ)。今日で、今の会社に来て1周年、2年目に突入となりまして、あー、このまま3年4年と年月を重ねるのはどうなんだ、どうなるんだ自分って心境です。2ヶ月後には、この業界に入って2周年、3年目に突入、その前に5月に25歳になったりと節目、節目がつづきます。「新社会人が新たなスタートを」みたいなニュースを見ながら、いろいろと考えることが…。

ちなみに、腕から血を流しながら仕事をしていた日からもまもなく1年が経ちます。そして、またあの花見がやってきます。…今回はおとなしくしてます(笑)

…!ってことは、このブログも開設から1周年ってことですかい!(今気が付いた)

身を以て知る

昼食を後に伸ばして、なんとか手持ちのコーディング作業を全部仕上げて、やった!終わった!頑張った!自分!、と、晴れやかな気分(と目眩)で14時過ぎに昼食へ。

大変めでたい気分だったので、調子に乗って天丼食べました。がつがつ食べました。……、が、これが転落の始まりでした。

その後、腹痛と吐き気に襲われて、仕事が普段の3分の1のスピード&集中力でしかこなせず、かと言って、早退できるような状況でもなく、1時間起きにトイレに駆け込む始末。助けてー!そういや、疲れてるときに油ものは厳禁なんでしたっけ。もう、こりごりです…。

ちなみに、そのトイレのドアノブにこんな落書きを発見。

『未来はここから』

…そんな未来は嫌だ。

個人情報に思ふ。

今日は個人情報保護法がらみのお仕事でバタバタする1日でした。「この情報を聞くのはこういう理由があるんですよ」ってことをしっかりと示さなきゃいけないわけで、むやみに質問項目を並べることは断じて許されません。サイトを利用する人達にとっては、個人情報が自分の知らないところで勝手に使われる心配が軽減されるって話です。

で、個人情報といえば、怖い話が一つ。それは、まだ自分が大学を卒業をして間もない頃、久しぶりに同級生に会った時の話。

友人「あれ?海外に留学してるんじゃなかったっけ?」
自分「はぁ?そんなわけないでしょ。東京の片隅で細々と仕事してるよ。」
友人「いや、だってね、どっかの旅行代理店が『あなたのお友達のネコゼさんが今、ちょうど留学されていて、ご本人がぜひ貴方にも体験して欲しいとお願いされていましたので』って勧誘の電話を掛けてきたよ」
自分「……なんですって…?」

よくよく調べてみると、昔のゼミの名簿が流出(?)しているらしく、名簿に名前が載っている人に同様の勧誘の電話(誰が留学しているかはランダム)を片っ端から掛けまくっていることが判明。今思い出すだけでも恐ろしくはた迷惑な話です。他人に自分の人生を勝手にグローバルに脚色されてたまるかー!私、日本が大好きですから(笑)

職場でできなかったツッコミを今、ここで

女の子向けのサイトをデザインをしているデザイナーさんに、実際にしたツッコミ。

「それだと、ギャル寄りですよね。キラキラしすぎているというか。プリクラの枠みたいじゃないですかー。」

…でも本当にしたかったのは、こちらのツッコミ。

「その配色じゃ、歌舞伎町のキャバクラの看板ですよねー。」

…今だから分かる。言わなくて良かったと(笑)※ちなみに行ったこと無いですから

はてなポイントで買えない答もある

はてな

仕事である問題が発生!必死に解決策を見つけだそうと、ネットから同僚から探しまくるも決定打にはつながらず、ついに初めて「はてな」に質問を掲載するまでしてみました。が、かなりコアな質問だったらしく、救世主は現れず。

その結果、「この問題は解決しない!たぶん!」という方向で解決しました。ほら、有名な哲学者が言ってるじゃないですか、「無知の知」って。アレですよアレ。あはははは……

……、困った。

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦