キャッチボールで直球が投げられない

ひさびさの更新をJUGEMのiPhoneアプリから通勤途中に。ちょっとお試しついでにというか、リハビリついでにというか。

最近、話をする時のリズムや間が気になってます。

先日、出社前にはなまるマーケットをたまたま見ていたら、ゲストが二代目林家三平。先代との思い出を中心に、レギュラー陣とトークを繰り広げて居たのですが、どうも様子がおかしい。なんだかギクシャクした空気を感じてしまったんです。

問題は三平の話し方にありました。話の起承転結を1人で一気に話してしまうのです。

例えば、自分の母親の話だったら、「うちの母は毎日よく食べるんですよ」というはなしから「母には長生きしてほしいです」まで一気に。結果、進行役の薬丸さんが何も言えなくなるという事態が起きてしまいます。自分がゲストと会話して引き出すべきオチを先に全部言われてしまった訳なので。

このやりとりを見て思ったんです。

「あー、言葉のキャッチボールってこういうことか!」と。

会話の中で、相手が相槌をうったり、ツッコミをいれたり、何かリアクションして、話を展開させるための間がないと、ただの独演会になっちゃうなと。

テレビ見ながら、自分も気を付けないとなぁ…、と思った次第。かく言う自分も相当怪しいですが…。

どうもスイマセン(これが言いたかっただけ)

iPad買いました その1:これが欲しかったんですよの巻

IMG_1560

iPhone 4の発表直後でタイミングが悪い気もしますが、今日はiPadの話を。

ちょっと報告が遅れましたが、iPad買いました。32GのWIFIモデルです。

予約開始と同時にオンラインで注文してたんで、発売日当日に届いて、それ以来フル活用中です。
正直、勢いだけで買ったので、どんな場面で自分が使うのか全然イメージしてなかったんですけど、……いやこれ、便利です。かなり。

元々、よくMacBookを仕事で持ち歩くことが多かったんですが、使うといっても議事録取ったり、メール買いたり、ちょっと調べ物する程度。正直、MacBookである必要はなかったんです。ちょっとかさばるし、重いし。

かといって、iPhoneで良いかというと、議事録取ったり、スライド作ったりするのには小さすぎるし、ポメラって選択肢もありましたし使ってましたが、これだとネットに繋がらない(あと、折り畳むと結構小さくはなるものの意外とかさばる)

…なので、iPadはちょうど、MacBookとiPhoneの中間を埋めてくれる、かなり理想的なツールなんです。薄いし、MacBookに比べればはるか軽いし、動作も軽快。画面も大きいし、起動も超速い。バッテリーも長持ち(※その分充電に時間が掛かりますけど…)。

まだ使い始めて1週間ちょいですが、これはいい買い物したなーって思ってます。

よく電子書籍のビューワーとしての側面を取り上げられがちですけど、いやもう、そんなもんじゃないですよ。はい。

…という訳で、今回は前振りってことで、これから何回かに分けて、使ってるアプリやどう活用してるか、ざっくり紹介していきます。
(写真は、iPhoneとiPadを同期させてるの図。変な感じです。)

「目的と手段」と「テレビとUstream」の話

Ustream・twitterを駆使した番組としてスタートした「革命×テレビ」の評判がネット上で(たぶん)散々なみたいなんですけど、………なんかですね、この番組のフォーマット、どこかで見たことがある気がするんです。

斬新な番組として告知されていた割に、何か、こう…既視感が…。

で、いろいろ調べてみたら、やっぱりそうでした。

この道はいつか来た道

4年ほど前、ブログとインターネット中継を駆使した番組としてNHKで始まった「つながるテレビ@ヒューマン」って番組をご存知でしょうか。

内容としては、ブログで話題になったキーワードを紹介したり、番組のブログを通して取り上げて欲しいテーマを受付けたり、インターネット中継を駆使していたり、……そんな感じの情報番組でした。

で、何を言いたいかというと、「twitter・Ustreamを駆使した云々」と、この「ブログ・インターネット中継を駆使した云々」が余り変わっていない、ってことです。

「@ヒューマン」がまさにそうだったんですが、当時はブログが今のtwitterみたいな立ち位置で、軽いブームだったので「あのNHKが斬新な情報番組を立ち上げる」って印象だったのですが、蓋を開けてみると意外と面白くなかったんです。

結局、使っているツールは新しくても、見せ方や取り上げているテーマが今までと大して変わっていなくて、結局テレビのフォーマットに収まってしまっているので、声高に「ブログと連動して云々」言われても、別に何ら新しくないというか。

初回の放送で、インターネット中継でゲストとして出演していた日比野克彦が何かと「これは何が面白いんだ」と画面を指さして連呼してたのを思い出しました。んー。

目的と手段

で、今回の「革命×テレビ」も、番組の売りが「ブログ」「twitter」「Ustream(インターネット中継)」などの手段になってしまっている訳で、結局「@ヒューマン」と同じ道をたどってる気がしてなりません。

それらのツールを使って何を見せるのか、何を伝えるのかが番組の売りのはずなのに、そのための手段が売りになってしまってる。

だから、たぶん視聴者に飽きられるのも早い気がするんです。

そうなると、テレビというメディアの上でtwitterもUstreamもかなり早い段階で消費されてしまいそうな気がして仕方がないです。

この前、伊集院光がラジオで同じことを危惧していました。うろ覚えなので正確ではないと思うのですが…

  • 今、Ustreamやtwitter連動が目新しいので、どんどん企画が持ち込まれている
  • Ustreamやtwitterをメインに据えた企画がどんどん通ってしまうと、すぐ飽きられてしまう
  • こういったツールは少しずつ試していくべき
  • このままだと、これらのツールを使った斬新な企画を思いついても、通らなくなってしまう

…たしかこんな具合だったかと。

twitterと共に、Ustreamもいろんなメディアで取り上げられ始めていますけど、それと共に、目新しいものでも斬新なものでもなくなっていくんだろうなぁ、と思います。それがメールがEメールになったように、1つのインフラとして定着したって話なら良いのですけど、単に消費されるだけっていうのは、結局ブログがたどった道をそのまま行きそうで、何か嫌だなぁと思う次第です。

「Dreamweaver Town Meeting in Tokyo」無事終了しました!

100529dwtokyo_0425

5月29日、ベルサール新宿にて開催された「Dreamweaver Town Meeting in Tokyo」にてお話させていただきました。
当日、自分の発表をご覧いただいた皆さん、お付き合いいただきありがとうございました!

実は、以前CSS Niteの懇親会でお話しさせていただいたことはあるのですが、本編でお話するのは初めてでして、しかも200人以上の前で話すのも初。
本番前、控室でかなりいっぱいいっぱいになってましたが、タイマーに思わず謝るなどの珍プレーをかましつつ、何とか無事に終えることができました…。ほっ…。

鷹野さんはじめ、スタッフの皆さん、このような機会をいただきありがとうございました!
それから、出演者の皆さんもありがとうございました!皆さんのプレゼン、どれも素晴らしく内容がまとまっていて、いろいろと勉強になりました…。
ホント、精進したいと思います…。

当日の内容について

当日は「大喜利」と題された、7分間のショートプレゼンに11名の登壇者の一人として参加させていただきました。
自分は『デザインビューと上手くお付き合いする方法』をテーマにお話させていただいたのですが、参加された皆さん、いかがだったでしょうか?

他の方に比べて、かなり基本的な話かな…、と正直、若干不安に感じていたのですが、
アンケートでも、懇親会でも「デザインビューを見直した!」「今まで使ったことなかったけど、活用してみる!」といった声をいただきまして…、恐縮しております…。
このプレゼンを機に、ぜひデザインビューを活用していただければ幸いです!

一方で、前半のビギナーズと内容が一部被っていたこともあり、既知の内容が多かったという方もいらっしゃったようで、申し訳ありませんでした…!
本当はもう少し欲張った内容にもしたかったのですが、7分という限られた時間の中で、話を簡潔に分かりやすくするために、結構内容を絞り込みまして…。

本当は触れておきたかったけど、泣く泣くカット内容について、少しだけですが補足でさせてもらいます!

クイックタグ編集などなど

最後に、デザインビューで使えるキーボードショートカットについて、駆け足でご覧いただきましたが、当日紹介できなかったものが幾つかあったので補足させてもらいます。

  • command+[…親要素を選択
  • command+[…子要素を選択
  • command+T…デザインビュー上でコード編集(クイックタグ編集)

この3つを使って、例えば見出しに特定のクラスを設定したり、<span>とか何らかの要素で囲ったりすることが、デザインビュー上で可能になります。

定義リストの設定のもっと簡単な方法

複数の段落を、まとめて定義リストにする方法についてご紹介しましたが、実は…

右クリックのメニュー→リスト→定義リスト

でも設定可能です。こちらの方が手っ取り早いと思うのでぜひ。

実はスニペットにキーボードショートカットが設定可能です

これはご存知ない方が多いかもしれないのですが、スニペットにショートカットを割り当てることが可能です。

なので、よく使うコードをスニペットに登録して、それにショートカットを割り当てれば、かなりさくさくっとマークアップできちゃうかと…!

自分は、<div class="section">(ないしは<section>)〜<!-- /.section --></div>にcommand+control+Sを設定してます。

スニペットを選択した状態で右クリック→キーボードショートカットの編集、で設定可能ですので、ぜひお試しを。

floatの解除ならoverflow:hidden;で十分…?

clearfixの代わりに、overflow:hidden;を設定する方法ですが、確かにこれで表示に関しては問題なくfloatを解除できているのですが…。実はFirefoxの印刷が鬼門なんです…。

印刷の際、overflow:hiddenを設定したボックスがページをまたがった場合、次ページに印刷されるべき内容が消えてしまうというバグが実は存在してまして…。未だに直ってないのです…。

headerとか、まずページをまたがることは無い箇所では迷わず使いますし、デザインビューの調整用に設定もするのですが…。うーん。

最後に(セミナー・イベントに参加することの意義について)

twitterのTLで「ツールのTipsなんてWebで調べれば十分じゃないの?」みたいなツイートをちょっと見掛けたので、最後にちょっとだけ。

Web制作系のイベントやセミナーは、もちろん新しい知識や考え方、テクニックを持ち帰ることも大切ですし、それが目的ではありますけど、……でもそれが全てではないと思います。

あくまでイベントはキッカケなのだと思うんです。

限られた時間の中で、何かについて1から10まで懇切丁寧に伝えることは不可能です。
だから、スピーカーは限られた時間の中で何をするかといえば、
「イベント終了後に何らかのアクションが取れるように、そのための土台なりキッカケなりを作ること」だと思うんです。

だから、イベントで持ち帰るべきなのは、Tipsやテクニックだけではなく、その元になる姿勢や心意気……かなと。

…ちょっと偉そうなことを書いてしまいましたが、今回のDreamweaver Town Meetingはこの点については、ホント、理想的なイベントだったと思います。
Dreamweaverに内包されている無数の機能を使いこなし、作業を効率良くするためのキッカケが、さまざまな切り口で用意されていたと思います。

自分は、発表する側の立場でしたが、本編・懇親会含めて、いろんな方のお話を伺うことで、もう一度このツールの使いこなしについて見直そうと心に決めました。

自分はほんの7分間お話しさせてもらっただけですが、これが少しでも何かのキッカケになれば幸いです。ありがとうございました!!

とりあえず登録フィードを空にしてみました

以前、「RSSリーダーの登録フィードを思いきって空にしようか迷ってます」とブログに書いた件について、その後どうしたかご報告です。

その後しばらく、そのままRSSリーダーを使っていたのですが、あのエントリーを書いた割にこのままずるずると続けるのもなんなので…

さきほど思い切って、登録フィードを空にしてしまいました。

正確には、「OPMLファイルをエクスポート&バックアップした後、フィードを空にして、やっぱり随時チェックしたいフィードを7つほど戻した」のですが…。それでも500近いフィードといったんお別れしてしまいました。

で、これからどうするか、なんですが、今のところこんな感じで考えてます。

  • いままでRSSリーダーで動向を追っていたようなものはtwitterでチェックできると割り切る
  • ただし、動向をチェックしやすいようにtwitterのリストを整理する
  • twitterでは追いきれないと判断したものについてはRSSリーダーに戻す
  • あるいはMAILPIAのようなサービスを使って定期的にメールで受け取るようにする
  • はてブやニュースサイトのフィードはNetvibesで眺める程度にする
  • 今までRSSの消化に充てていた時間を調べものや勉強に移す

正直、うまく行く保証は全くありません。ガラガラになった登録フィードのリストを見て、すっきりとした気分と不安な気持ちが入り交じって渾沌としております。とりあえずこれから一週間続けてみて一体どうなるのか。逐一報告したいと思います。どうなりますやら…。

最近のどたばた会議は結構面白いですよ(※自分で言うのもなんですが)

今年に入って、「録って出し」を導入したせいか、コンスタントに配信が続いている「どたばた会議」ですが、ここ数回結構面白いです。いや、自分たちは毎回面白いつもりなんですが、ここ数回は特に。

…というのも、Ustream&twitterでのやりとりが、以前にも増して多くなっていて、かつ、うまくコメント拾いつつ進行できてるなぁ、と。金曜深夜に配信してるのも功を奏しているんでしょうか。初回からずーっとUst使ってますけど、ここ数回特に上手く使えてるなぁ、と思うのです。

最近は、ゲストを呼ばずにご近所さん達だけで突発的に集まって録ってる回が続いてるため、ゲストや「外野」の皆さんがいないんですけど、Ustやtwitterでの反応がその代わりに機能してる感じ。

特にアウトライン決めずに、ノープランで話してる割には、いろんなリアクションをもらえるお陰で、話がどんどん広がって、収集つかなくなることもしばしば。ホントは2時間近く話したいくらい。

このペースのまま、ゲストをお呼びして、そろそろちゃんとした回を録ってみたい衝動に駆られてます。正直、MC二人して、かなり忙しくしてるので、なかなか日程の調整ができずにいるのですが、来月辺りには何かできれば良いなぁ、と思ってます。個人的に、クワガタの社長様にお話を伺ってみたかったりしますし…。

今回はプレゼント企画があるのですよ

あと、今回配信されてる回では、初のリスナープレゼントがあります!場合によっては、自分も何か賞品を提供しちゃいますので、ぜひ奮ってご応募を!「褒めて」言ってますけど、簡単にうちの番組の紹介記事を書いてもらえれば良い話ですので…!ぜひ!マジで!一通も応募無かったら、地味に凹みますし!

エアコンのフィルター掃除をなめてはいけない

前回に引き続き「当たり前の話を、さも重大な発見みたいに語るエントリー」その2です。

昨日、実家から両親がわが家にやって来まして、やって来たものの大して話すこともなくて、東京マラソンの中継とか見ながら、ぐだぐだと世間話をしてたんです。

で、親から「さっきから足下がすーすーする」との指摘が。

言われてみれば、最近いくら暖房入れても足下が妙に冷えるんで、暖房の調子が悪いのか末端冷え性にでもなっちゃったのかと思ってました。最近、家にいる時、ソックスを二重にしてましたし。

そして、親からさらなる指摘が。

「あのさ…、エアコンのフィルターって掃除してる?

………………………、あ。

何でもないようなことが……だったと思う

恥ずかしい話になりますが、完全に「フィルターの掃除」というもの自体を忘れていました。言われてみれば、最近全然やってない。1年以上やってない。やった記憶が無い。

そこで急遽、フィルターを取り外し、ビッシリと詰まった埃を掃除機で取りのぞき、さらに水で洗い、取り付け直してみたところ……。

今、足下がかつてなく温いです。恐ろしく快適です。冷え性に効く食べ物とか検索しかけていた自分が恥ずかしい限りです…(ないしはホットカーペット導入を真剣に考えていた自分)

最近仕事が忙し過ぎて忘れてましたが、そろそろ家事をちゃんとやろうと思った次第です。他にもそんな感じで気付かずにいることがありそうで恐ろしい。とりあえず、排水溝あたりを今度徹底的に攻めたいと思います。

やっぱり徹夜は止めといた方が良いと思う、という当たり前の話を

年中忙しそうにしてるらしいネコゼですが、実は去年は一度も会社に泊まることなく過ごせていました。というか、密かに会社に泊まらないこと・会社で晩飯を食べないことを目標にしてました。

なので、休日出勤することはあっても、徹夜することはなかったんです。去年は。

…なのですが。1年近く回避し続けた徹夜を遂にしてしまいました。作業上、どうしても徹夜せざるをえない状況になってしまいました。とほほ…。

で、ひさびさに徹夜してみて、改めて掲題通り、「やっぱ、徹夜って良くないなぁ…」と思ってしまいました。当たり前っちゃ当たり前だけど、改めて、実感を持って。なぜそう思ったのか、ぼんやりと考えていたのは以下の点。

  • 変に開き直ってしまって、逆に現実を直視したくなくなる
  • 時間が急に増えて余裕ができたように錯覚する(実際はそんなでもない)
  • 確実に作業のペースが落ちてくる
  • 仕事以外のものに目が行ってしまう
  • 作業時間が増えても、翌日に眠気とか体調とかに悪影響が出てしまって、結果的には徹夜してもしなくても同じ、みたいなことになる場合もある

要するに、「実はよくよく振り返ってみたら、ちゃんと寝て、朝早めに会社来て作業再会した方がよっぽど集中して作業できるんじゃね?」ってことです。もちろん、納品とかテストアップとか、締切・納期に間に合わせるためにやむを得ない場合もあるんですが、徹夜ありきで状況を判断しちゃうのはちょっと危険なのかなと。

以上、ブログを更新しつつ、病的なほどの眠気の波に耐えつつ、考えてみた結果でした。

RSSリーダーの登録フィードを思いきって空にしようか迷ってます

ぜんぜん考えがまとまってないので、下書きの域を出てない気もするんですが、載せてしまいます。

自分の周りだけかもしれないんですが、RSSリーダーの登録フィードを一度空に戻す人を最近見掛けます。

で、ですね。自分もそうしようか、ちょっと迷ってます。理由は4つ。

  1. RSSリーダーからよりもtwitter経由で情報を知る場面がだいぶ増えた
  2. 情報源が固定化されてる感じがするので、一度精査してみたい
  3. 実はRSSリーダー使ってる人ってだいぶ少ない?(この業界?に限定しても)
  4. インプット過多かもしれない

1、2は良いとして、問題は後半の2つ。

最近、機会があって同業の方に「RSSリーダーって使ってます?」って聞いて回ったんですが、驚くことに1人もいなかったんですよ。

じゃあ、HTML5とか最近のトピックってどうやってチェックしているかというと、CSS Nite等のイベントや「Web Designing」や「web creators」といった雑誌でチェックされていると。

あと、本当に興味があることは、ブログのエントリーなんかを検索して見つけては、ローカル環境で実際に動かしてみたりして、手を動かして試していると。

…こっちの方が良くね?って思ってしまったのですよ。

いや、いち早く動向を知るメリットもあるし、いろんな情報や考え方に触れることも大切だと思うんですけど、一方で、それにばかり時間を割きすぎてるなぁ、と思うところもあるのですよ。

そういった情報をシャワーのように浴びることを活かせる職もあると思うのですけど、じゃあ、マークアップエンジニアみたいな立場の人間はどうなのかというと、必ずしも当てはまらないような気もするのです。

考えてみれば、イベントなり雑誌なりで(鮮度は落ちるとしても)諸々の情報はカバーされる訳ですし、すぐにチェックする必要が無ければ、そういった媒体で定期的に情報は得られます。

であれば、べつに急いで情報をかき集めることに時間を大きく割かずに、自分が今本当に興味のあることだけを追求するのに時間を充てるのも正しいなと思うのですよ。

別にRSSリーダー使わない、って話ではないんです。RSSリーダーを使うことによって享受しているものも沢山あると思うんです。でも、それに慣れすぎていて、本当にそれが正しいかどうか、判断できずにいるんじゃないかと。情報を得ること自体が目的と化してないかなと。時間の割り振り方やアンテナの立て方に問題があるのかなと。

正直、まだ500近い登録フィードを空にするまでには至ってないのですが……、皆さんはどう思われます?

「GmailでTwitterできたらいいのにな」が解決しました

先日、Google Buzzのレビューを書いた際に「このBuzzってメニュークリックしたら、twitterのTLが表示されるのがベストなんだけどなー」とかほざいてたネコゼですが、……できました、それ。

今日、ひょんなことからtwitterで教えてもらったのですが、「Twitgether」なるGmail向けのガジェットがあるのですよ。しかも、結構前から。

詳しい設定方法や機能は前述の解説エントリーを参照してもらいたいのですが、必要な機能は一通り揃ってますし、複数アカウント対応ですし、……何よりGmail上でTLが確認できるのが、思った以上に有り難い!

年明けから、Macのクライアントは極力立ち上げずに、Netvibesでたまにチェックする程度にしてたんですが、できればGmail上でチェックできたら…と思ってました。

元々Gmailは仕事用に使ってたので、たまにメールのチェックや返信をしたついでにTL覗いたり、投稿したりできるかなと。今までNetvibes経由でチェックしてたんですが、おそらくこっちを使う頻度がぐっと上がりそうな予感です。そして、Buzzのチェックする頻度も同時に落ちそうな予感…。

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦