メールで検索

「スーパーマリオはノコノコに衝突死するゲーム」だと思っている機械おんちの我が母ですが、携帯からメールはなんとか送れます。最近はDSで「えいご漬け」を始めました。私のDSを奪って(返して…)。

でも、携帯からサイトの閲覧はしたことが無いようです。母曰く、「使い方が良く分からない」「覚えられない」。

確かにあるアクションにいたるまで、手数が多い気がします。例えば、「お気に入り」に予め登録した、乗り換え検索を利用する場合。

  • EZボタン(iモードボタン)を押す
  • 「お気に入りリスト」を選択
  • 「首都圏駅探」を選択
  • 「乗り換え案内」を選択
  • 「乗車駅名」を入力
  • 「下車駅名」を入力
  • 「検索する」を選択

その一方で、最近は携帯メールを使った検索サービスが現れはじめました。指定されたアドレスに、調べたい内容を入力して送信するだけで、検索結果が返信されるサービス。「良く分からない」携帯ブラウザではなく、「使い慣れた」メールってところがポイントです。

続きを読む >>

Web2.0時代の(?)リンクの張り方

はてなブックマーク(以下「はてブ」)がどれだけユーザーに影響力があるかどうかはさておいて、ブックマークしているユーザー数は常に気にしてます。はてなツールバーをインストールしてるので、ページを閲覧しては逐一ユーザー数をチェックできますし。そんな中、最近気が付いた事。

(URLが“/”で終わっている場合)

(URLが“/index.htm”で終わっている場合)

同じページでもURLが“/”で終わるか“/index.htm”で終わるかの違いで、別ページとしてみなされてます。「はてブ」を企業サイトが気にする必要があるかどうかは分かりませんけど、少なくともディレクトリのトップページへのリンクをどう張るのか、仕様を決めるとお得かもしれませんよ!ということで。小さなことからコツコツと。BLOGとかCMS使ってるサイトにとっては別に関係のない話ですけど。

RSSの基本をおさらい

ただいま、RSSをテキストエディタで地道に手打ちしてみるという実験を仕事の合間にやっております。いくら単純な構造だと言われても、はい、めんどいです(笑)BLOGやCMSが自動的にRSSを吐いてくれていることを妙に有り難く感じます。ありがたやありがたや。

ただ、手打ちしていて初めて知る事もあります。特にこれ。

【ご注意下さい!】
タイトルやアドレスが重複してはいけない、というRSSの入力に関するルールはありませんが、メーラー型のRSSリーダーを中心に購読(受信)済みかどうかの管理をタイトル、アドレス、日付などの重複をチェックすることにより行う場合が一般的です。できるだけ多くのRSSリーダーで正しく新着記事が読めるようにするためには、各記事のタイトルやアドレスに関しては重複しないように工夫することが望まれます。(RSSエディタ Headline-Editor

そりゃそうだよ!という方も大勢いらっしゃるかと思いますが、……知らなかった…。

アクセシブルなフレーム?

フレームを使用したページは時代遅れだと良く聞きます。自分もそう思ってますし、仕事で安易に使用しようとする話になったら、必ず抵抗します。SEO的にもアクセシビリティ的にも、全然よろしくないですよー!、と。

でも、必ずしも「フレームがアクセシブルじゃない」という訳でもないと、最近は感じてます。

続きを読む >>

音声で「画像認証」

先日、生まれて初めてメッセンジャーなるものを使うため(いまさら)MSNにIDを登録しにいってみたら、よくある「画像認証」(ノイズの入った粗い画像のなかに表示されている文字列をフォームに記入するもの)の画像の横にスピーカーのアイコンが。

画像:MSNの画像認証

スピーカーのアイコンをクリックすると、画像内の文字列を読み上げるという仕組みでした。なるほど。「画像認証」が視覚障害者の人にとって恐ろしく高いハードルになっていることは以前から聞いていたけど(大規模サイトに潜むアクセシビリティの落とし穴:IT Pro)、その解決策は見たことが無かったのでちょっと感心しました。他のポータルもこれに追随してくれるといいなぁ。

Google ツールバーで妙な現象

Firefox版のGoogleツールバーを正式版にアップデートしたら、なんだか調子が悪いのです。海外のサイトをチェックする時にそれなりに重宝してたポップアップ辞書が表示はされるものの、肝心の中身が空。おまけに「Popup ALT Attribute」の拡張機能も仲良く機能しなくなっちゃいました。なんでだー!

たぶん、どちらかが原因(ってほんの数日前まで仲良く共存してたのに)だと思って、Googleツールバーの方を削除してみたら、案の定元の正常な状態にもどりました。が、これはこれで不便。んー、次のアップデートを待つしか無いのか。

以上、Firefoxの拡張機能を入れまくってる人によくある光景でした。挙動がおかしかったら削除。

display:noneは御法度に…?

Yahoo! ページ検索(YST)のクローラーが外部CSSファイルをインデックスするようになったみたいです。その理由なんですが、憶測では…

ただファイル内部まで読み込んで、CSSスパムの判定に利用しているかは不明です。しかし今後は display:none 等の指定がある場合、隠しテキストスパムと誤認される可能性もあるので注意が必要かと思います。(Yahoo! ページ検索(YST)がCSSファイルをインデックス

とのこと。音声ブラウザでは読み上げないとは言うものの、「display:none」のスパム目的以外の使用は雑誌や本で幾つか見掛けてきたんですが、スパム目的かどうかをクローラが判断するかどうかによっては、使い方を見直す必要がでてくるのかもしれないです。はっきりとした基準が分からないだけに、ちょっと不気味です。

どこでもスティッキーズ?

GOING MY WAY経由で知った、オンライン付箋ツール?「ProtoPage」が、かなり素敵です。

自分は「Tag Petan」ってスティッキーズみないなフリーウェアを使って、会社のタスクをデスクトップ上に貼付けて管理してます。ただ、別に携帯とかPDAとかと同期を全くとってないので、自宅で「あの作業って手付けてたっけ?」と思っても確認のしようがなかったのですが、「ProtoPage」を使えば職場でも自宅でも確認できちゃいます。

…と、ここまでなら代替案は幾らでもありそうなんですけど、このサービス、「HTMLタグが使える」のがポイント。実際に、PAIPOティッカーとFLASH時計とはてなグラフ(何のグラフかは秘密)を貼付けてみました。こんな感じ。

ProtoPageのスクリーショット

いわゆる「ブログパーツ」の類いもペタペタ貼付けてしまえるのですよ。検索フォームなんかもいけます。ただのメモ書きの他にもいろいろ活用法はありそう。オススメです。

ホームページリーダーのこんな仕様変更

ユニバーサロンのホームページリーダー3.04特集より。

次は「/」(スラッシュ)。記号読み(句読点形式)モードでなくても従来のように機械的に分数読みするのではなく、左からスラッシュ記号を飛ばして読み上げるようになった。

スラッシュ記号はJIS X8341−3でも取り上げられているように、ウェブアクセシビリティの読み上げ対応でバリアになることが多かった。たとえば「7月28日」を「7/28」と表記した場合、音声ブラウザーは「28分の7」と読み上げてしまうからだ。(<徹底検証>日本IBM、ホームページ・リーダー3.04の新機能

はい!はい!分数読みする事を前提に作業してました!料理の「こさじ1と2分の1」とか!FLASHやPDF読み上げに比べると地味な変更ですが、個人的には痛い変更です。3.04の普及を待つよりも、正直に「2分の1」とか「8月22日」とかで表記した方が賢いでしょう。ふぅ。

テキスト画像とOS X

文字を画像化するデメリット All Aboutって記事がAll Aboutの「ホームページ制作」に載ってました。リストアップされたデメリットを、いやまぁ、そりゃそうでしょう、と思いつつ読みました。

テキスト画像にする目的は、おそらく見栄えがいいからだと思うんですけど、MacOS Xユーザーの自分にとっては、どのテキストもぜーんぶアンチエイリアス掛かってるから全然関係の無い話です。たまに、選択できないなーと思ってたら画像だったって事態にも遭遇しますし。それに、Windowsもいずれそうなるわけで(Windows VistaにJIS X 0213:2004対応の新日本語フォント「メイリオ」)、安易に画像化する意味はいずれなくなるのかも。ユーザーにとっての不利益を考えればなおさらのこと。

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦