We love ペパボ!

今日、このブログで長いことお世話になってるペパボことpaperboy&co.がジャスダックに上場されました。心から祝福させてください。ホントにおめでとうございます。

今年、どたばた会議で家入社長を始め、ペパボのみなさんとお話しできた時のことを未だに忘れられずにいます。ホント、あの日のことは強烈に覚えてます。

とにかく、みなさん、会社のこと・仕事のことが大好きなんです。ネガティブな話というか要するに仕事の愚痴とか悪口とかが全然なかったんです。「いや、いくら面白い会社とはいっても、いろいろ苦労話とか愚痴とか出てくるでしょう」と正直思っていたので、なおさらビックリしました。ここまで、仕事や会社にポジティブな方々にお会いしたことはまず無いと思います。

あの日から余計に憧れの会社になりました。

JUGEMをベータ版からずーっと使い続けてますが、上場しても、これからもペパボのファンです。いっそ、いちペパボファンである証明として、株買っちゃおうか!、とまで思いましたが、もう少しお金に余裕が出てきてからにします。

あらためて、上場おめでとうございます!そして、これからもヨロシクお願いします!

Web Directions Eastまであと1ヶ月(と近況)

生きてます

なんと、前回から4ヶ月ぶりのエントリーです。このまま年越しそうな勢いの放置っぷりでしたが、みなさんいかがおすごしでしょうか?

わたくしは、結構な大きめ案件に参加することになって、てんやわんやの毎日でございます。

本当は、夏の思い出を存分に語りたかったりするのですが、季節はすっかり秋ですので、ばっさり割愛です。夏に何をしてたかは、Flickrを見ると分かる感じです。 あ、ちなみに、うちの会社の近所にあるラーメン屋はいまだに、「この夏限定メニュー!つけ麺始めました!」って立て看板出してます。つっこみ待ちなんでしょうか。つっこむべきなんでしょうか。誰か僕にその勇気をください(プライスレス)。

大事なお知らせを忘れていました

完全に告知を忘れていたのですが、そう、前回のエントリーでちょっと触れていた、「Web Directions East」がいよいよ来月に迫ってきました!

Web Directions East

すでにいろんなブログで告知エントリーが上がってますけど、本当、半端無いイベントです。何かしら本やサイトで目にしたことがある、世界中のWeb制作に関するプロフェッショナルが東京に集結する訳ですよ。

正直、はるばる海の向こうからスピーカーの方がいらっしゃる(しかも沢山)関係で、なかなか結構なお値段です。早割りで申し込めば、かなり割り引かれますが、それでもカンファレンスとワークショップ足して、うちの家賃を超えます。

でも、これの前夜祭的なイベントだった、「Swap Skills for The Happy Web Weekend」の満足度がかなり高かったですし、何より、海外のスピーカーの方の生の話が聞ける機会はこれを除けば、まず無いと思います。 しかも、ワークショップでは直接手ほどきが受けられる訳ですよ。丸一日掛けて。

申し込むべきかは、ぜひスピーカー陣の紹介をチェックしてもらって、検討してもらうと良いかと思います。自分は、Eric Meyerの話が聞けるだけで速攻で申し込み決定です。

6のつく月だけ、アホになります(体験版が)

4月、5月、ろくがつっ!  …ということで、こんなお話が…。

一部の製品の体験版において、2008年6月に初めて起動すると(いつインストールされたかは関係なく)、試用期間の残日数をカウントするプログラムのエラーにより、通常であれば30日間のところ、1日しか作動しないという問題が発生することが発覚しました。(Adobe - 体験版についてのお知らせ: 体験版の提供状況に関するFAQ

…こういう理由で、Adobeの一部アプリの体験版が、昨日から配布が休止となってます。なんというバグ…。7月上旬には再開されるそうですが、要するに6月が過ぎるまで待つって話なんでしょうか。むー。

先日ベータ版の配布が始まったCS4では起きない不具合みたいなので、その点は一安心。

以上、見出しと冒頭の一文が書きたかったためだけのエントリーでした(えーっ)

"SwapSkills for Happy web weekend" が大変なことになっている

何度かスピーカーとしてお手伝いさせてもらっている、all Webクリエイター塾が主催している勉強会「SwapSkills」が来月の14-15日、"SwapSkills for Happy web weekend"(長い…)と題して、スペシャル版を開催されるのですが…。スピーカー陣が大変なことになってます…。

microformatsの第一人者が来る

まず、スピーカーがわざわざこの日のために海外からやってきます。マイクロフォーマットの第一人者で、WaSPの元メンバーのJohn Allsoppさんが、microformatsや、携帯やiPodなどマルチデバイス対応についてお話しされるとか。

Web制作関係のイベントで、海外からゲストがいらっしゃるというのもレアですし、日本で直接話が聞けるチャンスはなかなかないと思います。海外で話題になってる記事や書籍が、日本語に翻訳されるまでどうしても時間があいてしまいますけど、この日はライブで直接聞ける訳ですし、……これはすごいことだと思います。

…で、これだけでも十分すごいのですが…。

神崎先生も来る

密かに発表になってますが、mixiのコミュニティにて、重鎮にして大御所、神崎正英 先生がスピーカーとして参加される事が明らかになりました…。この手のイベントでは、「Web標準の日々」以来じゃないでしょうか…。(テーマは「RDFの携帯GPS位置情報とSNS」とのこと。)

未だに「ユニバーサルHTML/XHTML」をちょくちょく読んでる自分としては、これは見逃させません。ていうか意地でも行きます。

…という訳で

あくまで個人的な観測範囲での話ですけど、意外とこのイベントの存在を知らない人が多い気がします。ホント見逃すにはもったいないイベントだと思いますよ。

2日目は有料イベント、…ということで躊躇されてる人もいるかと思いますが、(あと「告知ページのレイアウトが自由過ぎる」とか「ラ、ランチパーティーって…」という人も………自分だけですかそうですか)、ぜひ参加されてはいかがでしょうか?いやマジで。

普段お世話になってる云々関係無しに、オススメしておきます。

フィルタリングの基準がさっぱり分からない

NHKの視聴者参加型のお笑い番組「着信御礼!ケータイ大喜利」。この番組サイトのFAQをチェックしてたら、こんな記述が…。

「フィルタリング」サービスをご利用の皆さまへ
携帯電話会社(キャリア)が実施している以下のサービスにより、NHKケータイサイトにアクセスできなくなるケースがでてきました。
DoCoMo 「キッズiモードフィルタ」
au   「安心アクセスサービス」
SoftBank 「Yahoo!キッズ」もしくは「ウェブ利用制限」
放送中の投稿、ホームページの閲覧、メルマガの申し込みなどのためには番組の携帯サイトにアクセスする必要がありますが、そのためには上記サービスを解除する以外に方法はありません。 解除の手続きは、各携帯電話会社の相談窓口(パソコンサイト、携帯サイト、お電話、ショップなど)でできることになっています。(着信御礼!ケータイ大喜利 Q&A

…え、えーっと、何が理由でフィルタリングに引っ掛かってるんでしょうか…。「若い奴らは歯磨いて、とっとと寝ろ」みたいな話ですか? NHKの番組でさえ引っ掛かることで、フィルタリングの現状が良く分かるというか何と言うか。

「ザ☆ネットスター! 」レギュラー化

NHK BSで放送され、一部のコアなネットユーザーの心を鷲掴みにしたとかしないとかで話題になった、「ザ☆ネットスター」という番組があります。

どれだけ話題になったかは下記リンク参照。

ネットでの話題の表層をなぞるだけではなく、何が面白いかを丁寧に伝えていたことが評判になっていたっぽいわけです(※実際に見れなかったので、実際にどうだったのかは分からないですけど…)。NHKのスタッフのコメントからも、そういう狙いがあったのかなー、と。

「ネットの住民のための番組を、本気で作りたい」――あるスタッフはこう話していた。

で、たまたま、この番組の存在を思い出して、Wikipediaで調べていたら…。

ザ☆ネットスター!(ざ・ねっとすたー)は、『NHK番組たまご・トライアル2007』企画として単発で放送され、2008年4月から原則月1回レギュラー放送されるBS2のバラエティ番組。

ザ☆ネットスター! - Wikipedia

レギュラー化だそうです。月1とはいえ、こういう内容の番組がNHKで定期的に流れるということは、なかなか凄いことじゃないかと思います。民放ならともかく。

デジタルガレージがtwitterと資本・業務提携!日本語版立ち上げへ!

大変大変!twitterが遂に日本事業立ち上げですよ。お相手は、デジタルガレージ!

インターネットビジネス支援のデジタルガレージ(DG)は「ミニブログ」サービス世界最大手、米ツイッター(カリフォルニア州)と資本・業務提携した。ツイッターに出資する一方、日本向け事業を共同展開する。ミニブログは動画共有やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に続く成長分野になる可能性があり、日本での普及を主導する。

出資額は1億円未満とみられる。DGは日本語版の開発を担当。両社はパソコンでも携帯端末でも読み書きできる日本語版サービスを来春に立ち上げる。

デジタルガレージ、「ミニブログ」最大手の米社に出資 インターネット-最新ニュース:IT-PLUS

これ書くだけのために遅刻しかかってる自分って一体…。

Dreamweaver CS3がどうやらヤバいらしい(暫定)

ついにAdobeのCS3が発表されました!個人的に気になるのは、やはり「DreamWeaver CS3」。
しかし、日本語サイトには情報がアップされているため、本家サイト(Adobe - Adobe Dreamweaver CS3: Features)の英語を解読しなければ詳細が分かりません。…英検準2級には厳しいです。なんとか、ざっと読んでみて、「どうやらこういう機能が追加されたらしい」ということが分かってきたので、ちょっとまとめてみます。(※ちゃんと訳してるのではないので、誤りが多々ある、かも)

spryが簡単に導入できる?

AdobeのSpryを簡単にページに組み込めるっぽい。
タブ切り替えとか、プルダウンメニューとか、あの手の効果が簡単に導入できる模様。

ブラウザのCSSバグが共有できる?

ブラウザのCSSバグをチェックできる機能が付いているっぽい。あと、Adobeのサイトにバグ情報が蓄積されて(?)自分も情報を投稿する事ができる(?)…みたい。

CSSレイアウトのテンプレートが多数用意されてる?

2カラム、3カラム等々のテンプレートが予め多数用意されている模様。

CSSのフルサポート?

おそらく、ver8でも不安定だったプレビューが大幅に改善されたっぽい。

スタイルの並び替え&style属性を外部CSSに移動できる?

CSSパネル(らしきパネル)上で、スタイルの並び替えがドラック&ドロップでできるっぽい。しかも、style属性でしていしていたものも、パネル上でドラックすることで、外部CSSファイルに移動できるっぽい。

なんだかよく分かってませんが

ざっと読んだ印象ですけど、「これで相当CSSレイアウトとAjaxの敷居が下がるなぁ」と感じました。単に「CSSレイアウトできる」とか「Web標準に準拠できます」みたいなことは、「ビヘイビア」で画像のロールオーバーの設定するくらい、当たり前のことになっていくような気がします。

…早く日本語サイト更新されないかなー(自信がない)

CS3がやって来る!…あれ?

いよいよ今日発表らしい、AdobeのCS3ですけど、
案の定、情報が漏れてるみたいですよ。
…みたいですよというか、amazon.comに載ってるよ!っていう分かりやすい話なんですけど。(via:Apple Brothers + Mac News:Adobe Creative Suite 3の発売日は4月20日???

…Dream Weaverに「CS3」が付く日がホントに来るとは…。Fireworksが生き残ってるのはありがたい!あと、Go Liveの名前が見当たらないんですが、ひょっとして…(涙)。

mixiに今すぐつけるべき機能?

mixiが上場して以降、なんだか風当たりが強くなってきた印象が強いです。何かとニュースで取り上げられるのは、「事件や騒ぎの当事者がmixiに登録していて、日記に起こした騒ぎの詳細を書き記していた」というパターンのもの。

やっぱりmixiってコミュニティには限界があるんじゃないか、という以前に、参加している人のリテラシーの問題だという印象が…。「全体に公開」のまま、あまりにもプライベートな内容の日記を平気で載せてたり。長いことmixiを使ってるユーザーにとっては、「そんなことも知らなかったの?」と首を傾げる点もあるような気がします。ただ、それだけ、mixiの仕様をよく分からないまま使っているユーザーが多い、という現れなのかもしれません。

ただ、とりあえず、ちょっと仕様を変えるだけでこういう騒ぎは未然に防げるじゃないでしょうか。個人的に改善して欲しいのは以下の2点。

本名の公開範囲を選べるようにする

本名での登録が推奨されているmixiですが、僕の知る限りでは、本名で登録している人は非常にまれです。大抵、適当な名前を入力してるパターンです。ここまでコミュニティが巨大になると、本名を晒すことに抵抗を覚えて当然だと思います。

その点、いいなぁと思うのが、ペパボのSNS「キヌガサ」の仕様です。本名の公開範囲を「友達に公開」「全体に公開」「公開しない」から選べます。

範囲を限定することで「友達が探しやすくなる」というメリットは無くなりますが、少なくともユーザーに選択の権利を与えてもいいんじゃないかと思うんです。

日記の公開範囲をデフォルトで「友達まで公開」

mixiの日記はデフォルトでは「全体に公開」に設定されてます。が、そうだとは知らずに、もの凄く個人的な内容を載せてしまい、後から慌てて削除したり、公開を「友達まで」に制限したりする話をよく聞きます。

要するに、日記が「全体に公開」されてるって意識が、初心者のユーザーには無いと思うんです。これはリテラシー云々よりも、mixiの仕様の分かりにくさに由来するような気がします。

であれば、デフォルトでは「友達まで公開」に予め設定しておくか、登録時にそのメリット・デメリットを確認の上、公開範囲を選択させるといった作りの方が良いと思います。

…でもこれって?

上記の改善点って、結局のところ、「コミュニティ上で新しいつながりをつくる」チャンスを狭めることにもなるわけで、ここにコミュニティ管理とか設計の難しさが潜んでるのかなと。

mixiの運営側を非難するのは簡単ですが、その先には「じゃあ理想的なコミュニティって何よ?」、って難問が待ってる訳です。「そんなものはない」のかもしれませんが、それでは余りにも短絡的。その先を考えてこそ、な気がします。

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦