CEREVO CAM使ってみました

CEREVO CAM、早速使ってみました。
初期設定で悪戦苦闘しつつも、なんとか無線LANに繋げられるようにして、まずは家の中のものを試し取り。

CEREVO CAMテスト1

CEREVO CAMテスト

思ったほど悪くはないかなぁ…。

それから、夜にご近所さん達と飯を食いに行ったので、その際にも試し取り。……が、しかし…。

CEREVO CAMテスト

ちょっと薄暗いところは、かなり苦手な模様。いくら設定をいじっても、なかなか上手く撮れません。で、フラッシュを炊いてみたら…。

CEREVO CAMテスト

「うわーーー、目がー!目がー!」と前にいた、ふちえさんが叫んでましたが、ホントに「そんなに光らなくても…」てくらい光ります…。

正直、画質については期待しちゃ駄目です。トイデジクラスをイメージしてもらえればまず間違いないかなと。これを味がある、とするかどうかは貴方次第。ただ、他の方のレビューを読む限り、かなり場所は選ぶみたいです。明るい屋内か、外の風景は大丈夫みたいです。

でも嫌いじゃないです

画質はちょっと残念ですが、カメラのしくみ自体はかなり面白いです。

カメラに撮りためた写真は、(電源をオフにしてても)無線LANを通じ、CEREVO LIFEというサービスに自動的にアップされます。自分も、家に帰ってからCEREVO CAMをバックの中に入れっぱなしにしてたんですが、朝、メーラを立ち上げてたら、アップロード完了の報告が届いてました。

Flickrなど、外部サービスへ写真を転送するのも簡単。サポートしてるサービスも充実してます。個人的には30days albumのサポートがあるとうれしいのですが…。

screen-capture-2

外部サービスへの転送が完了した際もメールで知らせてくれます。さらにバッテリーが少なくなった際もメールで知らせてくれるとのこと。この辺のしくみはさすがだなぁ、と。

オススメはしません、けど…

正直、オススメはしません。これを有名家電メーカーが出したらどうだっただろう、と思ってしまうところは多々ありました。初期設定のわかりにくさとか、画質とか、操作性とか。

でも、アップロード周りの仕様とか、面白い仕組みも沢山あります。まだ試してないですが、イーモバイル等をつないで、その場で3G回線を使ってライブアップロードなんてこともできますし、遊びがいのあるガジェットだとは思います。

買って後悔はしてません。ただ、これからのアップデートでどこまで改善されるのか、どんな機能が追加されるのかに期待してます。

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/562

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦