自分なりに「余裕を持って働く方法」を考えてみた

今年に入ってから、仕事の時間の使い方を見直してます。
今までも、「時間管理術」的な本を何冊か読んだり、中で紹介されてるツールを試したりしてたんですが、どうにもうまくいった試しがなかったんですよ。
結局、普段の仕事の忙しさに負けて、一時的にうまくいっても、すぐグダグダになってしまうのが恒例。
こういう仕事してると、時間の無駄を排するなんて無理な話なのかな…、って思ってました。
でも、限られた時間の中で新しいことを勉強したい気持ちもあるし、何よりもこういう生活してると身体が持たないなーと。体調を大きく崩すことはここ最近は無いけど、無理がたたる場合も考えられる訳で。

で、年が明けたタイミングで、これまでの仕事の仕方を振り返った上で、時間の使い方をいろいろと変えてみました。ものすごくうまくいってる、という訳ではないんですけど、今までに比べればだいぶ調子良く続けられてるなーと思っているので、具体的に何を変えたのか幾つか紹介します。

1:自分の中の定時を決める

一応、会社には定時というものがあって、自分の勤めてる会社だと、10時から19時。
でも、定時アップなんて夢のまた夢。21時に帰れれば早い方。23時とか24時に退社なんて当たり前です。
で、深夜まで仕事して、翌日遅れて出社、もよくあること。そういう環境です。

で、今年から、会社の定時とは別に、自分の定時、「オレオレ定時」を設定しました。

  • 月曜から木曜は22時までに退社
  • 金曜は定時19時退社

これ、その名の通り自分が勝手に決めたボーダーラインです。この時間までには帰ります。たまに、打ち合わせやお客さんの対応で深夜まで残る場合もありますけど、あくまでそれはそれ。この時間には意地でも帰る!ってことにしました。

2:会社で晩飯を食べない

仕事が深夜まで続くと、会社の近くのコンビニで晩ご飯を買って食べることが良くありますし、むしろそれが当たり前でした。で、それを止めました。
というのも、自分の場合、会社で晩ご飯を食べた後、明らかに集中力が落ちてるんです。夜遅い上に、満腹ですし、そりゃそうだ、って話だと思うんですが、そこからダラダラと仕事して、終電近くで「いい加減帰らないとなー」と思って、ようやく家路につく。
……そんなことなら、会社でご飯を食べてた時間には退社して、外で食べてそのまま帰った方がまだマシな気がします。そういう訳で、今年から会社ではご飯を食べてません。
ちなみに、「オレオレ定時」の22時ってのは、よく行く定食屋さんのラストオーダーに間に合う時間です。ビバ定食屋。

3:平日はテレビの電源を入れない&帰宅後Macを立ち上げない

帰ってから、テレビ見ながら寝落ち、とか、はてブのホットエントリー読んでて寝落ち、…が頻繁にあったのでどっちも禁止にしました。でも、「禁止」ってしても「今日はいいかな…」とスイッチを押すことになってしまうんで、電源ごと抜いてます。
で、帰ってからは本読みながらゆっくりして、風呂入って寝ます。
でも、iPhoneいじるのはOKにしてます。iPhoneは何かと便利ですが、長時間使うには「ほど良く」不便(腕が疲れる)なので、寝落ちまではいかないので。

4:毎日退社前に翌日の仕事を確認する&金曜日に翌週の計画を立てる

会社出る前に、翌日にやらなきゃいけないことを予め洗い出しておくようにしました。あと、金曜日には、その時点で考えられる限りの発生するだろう仕事を洗い出しておきます。
毎日、翌日や翌週の仕事のつまり具合を確認しておくことで、心構えができますし、自分にどれくらい時間的に余裕があるのか(=他に追加で仕事を受けられる状況なのか)常に把握できます。
突発作業が常なので、細かく計画は立てられないですが、大体の見通しを立てるだけでも、何か突然仕事を振られた時の対応がだいぶ変わるなーと感じてます。

5:「オレオレ定時」は意地でも死守する

金曜日に翌週の仕事を洗い出して、大体時間を見積もって、「これはオレオレ定時内には終わらないな」と思ったら、場合によっては土曜か日曜にちょっと会社に出て仕事します。
……って、余裕持って仕事するってのに反してるし!休日出勤してるし!って突っ込まれそうなんですが、これ、個人的にこれがしっくりきてます。
というのも、「これはオレオレ定時内には終わらないな」=「じゃあ深夜まで仕事するか」は自分には危険らしい、ってことが分かってきたんです。

深夜まで仕事をすることで、翌朝出社が遅くなる。で、その結果さらに深夜まで仕事をする、出社が遅くなる。の繰り返しをしてると週の後半に向かって疲れがどんどん貯まります。
それよりも、平日はできるだけ同じリズムで生活した方が、まだ疲れは貯まらないんじゃないかと。
あと、平日はできるだけ余裕もって過ごしたいなーと。終電に間に合わない!って駅まで猛ダッシュしたり、翌朝「まずい!遅刻する!」って猛ダッシュで会社まで走ったり、…を繰り返すのはどうかなと。
それよりかは、等しくほどほどに忙しくなるように、あらかじめ調整した方が良いのかなと思ってます。

6:作業にかかる時間は必ず見積もっておく&時間簿をつける

いきなりコーディングや画像書き出しとか、作業にとりかからずに、手持ちの作業が各々どれくらい時間が掛かるか大体で良いので見積もっておくようにしました。特に、単純作業が続くと、だらだらと仕事しがちだったので(で、結果的に睡魔が…)、「これはこの時間までには終わらせる」っていうのを意識しながら手を動かすようにしました。
あと、実際にどれくらい時間が掛かったかも、記録しておくようにしてます。こうすることで、「こうすればもう少し早く終わった」ってことを洗い出せたら良いなと思うし、ディレクターさんから作業のボリュームを確認された時に正確な情報が伝えられるようになるかなと。

一応、まとめ

…とまあ、こんな具合です。今、たまたま、うまくいってるだけかもしれないですし、そもそも1月は仕事が比較的余裕がある時期だから、っていうのもあるかもしれないんですが。
ただ、作業のスピードを上げる、とか、無駄をなくす、よりも、自分の生活のリズムをできるだけ一定にする、とか、普段の生活にちょっと変化を加えることの方が重要なのかもなぁ、と感じてます。スピードを上げるにも、仕事の忙しさにかき消されてしまう危険がある訳ですし。まず、その危険をなくすところから始めれば良いのかなと。

そんなこんなで、ライフハック系ブログでもないのに、ライフハック気取りのエントリーでした。

追伸:ライフハックを「ウルテク」と呼ぶキャンペーンを小声で展開中です。

コメント

30秒でも時間が余ったら、目をつぶるというのが、効果的ですよ。とくに、通勤のときは、寝ないように好きな音楽を聴きながら目をつぶる。

| 石川 | 2009/01/24 2:07 PM |

1、2はなかなか効果的です(実践済み)
といってもうちの会社は最近暇でそんな仕事ないのですけど。

Macbookくんはどうなりましたか?

| ぽさお | 2009/01/26 6:06 PM |

はじめまして。いろんなサイトから飛んで来た者です。
仕事のいろいろ勉強になりました(^ω^)ノ

| 福 | 2009/01/26 7:23 PM |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/531

決断力をつけるvol.6/時間のムダを楽しもう

突然ですが、あなたはスケジュール通りに行動したいタイプですか?それともスケジュールを簡単に変更することが出来るタイプでしょうか。人生を楽しめるのは後者のタイプ。前者のタイプは、所謂「時間貧乏性」の人です。時間貧乏タイプの人のスケジュール帳には、予定が

| ビジネス快進撃 メルマガ | 2010/04/05 9:11 PM |

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦