『マイクロフォーマット』出版記念セミナーと「Swap Skills」に参加して思った事を取り急ぎ…

金曜日に開催された『マイクロフォーマット』出版記念セミナー、そして土日連続で開催された「Swap Skills for The Happy Web Weekend」と3日連続でイベントに参加してきました!

1つ1つ細かくレポートしていきたいんですが、とりあえず、参加して思った事を書き残しておきますよ。

参加して良かった!

まず、いきなりですが、コレに尽きます。 正直、「マイクロフォーマット」にしろ、「CSS3」にしろ、「HTML5」にしろ、「普及するのは当分先の話でしょ」とか「普及するかどうか保証がないのに、今実装してどうするの」とか思ってました。

よくある「Web標準のためのワークフロー」とか「現場で役立つ最新テクニック」みたいな、「現場で」「すぐ使える」類いのテーマではなかったので、ちょっと、どこまで期待していいのか微妙に思ってたところもあったんですよ。もちろん、海外から著名な方が来日される!直接話が聞ける!という気持ちもあったんですが。

それが、参加してみたら、……いやいや、すごく満足度の高いプレゼンだったのですよ。

すごく良いプレゼンを聴けたイベントは、帰り道に必ず「自分、これからどうしていこうか…。ていうか、このままでいいのか…。」みたいなテンションになり、軽く凹みます。軽く凹んでいるのは良い兆候です。イベント的に。

未来をどんどん先取りしよう!試そう!

で、じゃあ、何がそんなに良かったかっつー話ですが、未来だ未来だ言ってた話は、もう足下に広がってるってことが実感できたってことです。

CSS3は最新のブラウザ(ベータ版含む)ではかなり実装が進んでいるし、マイクロフォーマットも、米Yahoo!でSearch Monkeyというサービスが始まったり、Firefox3でAPIレベルで実装されていたり、徐々に明るい材料が揃い始めていたりするんです。HTML5にしても、最近動向が追えてなくて良く分かってなかったけど、いや、これはちょっと凄いわって思いましたよ。

そして、それらを「いつか使える日が来るといいね」ではなくて「もう、ガンガン使っちゃおうぜ!」というのが、John Allsopp氏が繰り返し言ってたことだと思うんですよ。

CSS3を先行実装しても、古いブラウザに悪影響は及ぼさない。最新のブラウザに向けて異なる効果を与えても、情報は失われない。より良い視覚を提供できるにこしたことはないじゃない……と。

John Allsopp氏と名刺交換した時に、"I love CSS3!!"って言ってたのが妙に頭に残ってます。プレゼンの時のテンションの高さといい、ホントに好きなんだなと。自分の仕事に情熱を持ってるんだなと。圧倒されました。

何のために仕事をしているか、誰のために仕事をしているか

「Swap Skills for The Happy Web Weekend」の締めのプレゼンでの一言。(※同時通訳聴きながらのメモなので、間違いがあったら指摘してください)

どこにいようとも何をしようとも、Webはそこにいる。この5年間でそうなっていく。 今の楽観的な考えを維持して、ラップトップ上のウェブではなく、どこにでもあるウェブを想像していてください。

今、自分が仕事をしている理由は、自分の人生に何らかの意味付けをしたいから。 Web・仕事を通じて、自分の生活をよりよくしたいし、人々の生活をよりよくしたい。

自分って、目先の事で頭がいっぱいになりがちで、「何のために、誰のために仕事してるの?」ってことは、結構ないがしろにしてるのかなって思いました。マイクロフォーマット等々の話もそうですけど、もっと前を向いて、仕事を通じてどんなことをしたいのか、Webを通じて何をしたいのか、無謀な事でも良いから思いを巡らしていいんだなと思いました。

もちろん、今手持ちの仕事をスムーズに進めることとか、目先の問題を解決する事も大事ですし、それをどうでもいいなんて言えないですけど、それ以外の事も忘れちゃだめだし、もっと、わくわくする未来を想像してそれを現実に引き寄せるために仕事をできたら、それは素敵なことなんじゃないかって思います。

セミナー・イベントはただ知識を得るための場所ではない、と思う

イベントを通じて良い刺激が得られるってことは、ホント大事なんだなと思います。

それこそ、新しい知識を得るなら、ウェブ上にいくらでも情報はあります、やろうと思えばいくらでも学べると思うんです。でも、生でプレゼンを聞いて、直接本人と話して、他に参加された方とその内容について話すことは、こういうイベントでしか得られないって思うんですよ。

なんだかテンション高めに書いてるので、明日の昼くらいに後悔しそうな内容になってそうなのですが(※過去の傾向より)、参加できてよかったです! …あと、「ランチパーティー微妙」みたいなこと言ってすいません!むしろ懇親会とか打ち上げよりも良かったです!(参加者がほぼ全員揃ってるなかで名刺交換とかできるし)

11月に何やら大変なイベントが…

まだオンラインでの告知が無いので、先取りでご報告。

John氏が主催している「Web Directions」というイベントが、11月8日から11日という日程で日本に上陸するそうです。(当日、東京ミッドタウンと発表がありましたが、変更になる可能性が高いとのこと)

すでに一部のスピーカーが発表されたのですが、そのメンツが大変です。鳥肌立つとか、そういうことです。分かる人は立つと思う。こんな方々です。海外から、この規模で日本にやってくるのは前代未聞なんじゃないかと!

  • Eric Meyer
  • Dan Cederholm
  • Jeremy Keith
  • Jeffery Veen

さらに、日本からもスピーカーが参加。HTML・CSS関連のセッションと、JS関連のセッションが予定されていて、カンファレンスが2日・ワークショップが2日、計4日間行われる予定とか。

詳細はまだまだこれから決めていくみたいですけど、かなり楽しみです!

コメント

いつもブログ拝見してます。

大阪から這ってでも行けばよかった!と思えるくらい素敵なイベントだったのを感じます。そこにWeb Direction Eastというとんでもないイベントがあるとのお知らせは吉報!
これこそ這ってでも行きたいですね。

| hiloki | 2008/06/16 11:22 AM |

レポありがとー!
また、細かいこともおいおい楽しみにしていまっす!

| izuizu | 2008/06/16 7:48 PM |

>hilokiさん
コメントありがとうございます!恐縮です!
実は自分もhilokiさんのブログ、いつもチェックさせていただいてます!
Web Direction Eastは、今発表されてる内容でも、かなり凄いイベントですよね。大阪からの参加、お待ちしてます!(※関係者じゃないですけど)

>izuizuさん
ぜひ、CSS Nite shuffleの話と交換で!少しずつ、各イベントの報告はアップします!

| ネコゼ | 2008/06/17 1:03 AM |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/521

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦