「ブログを書きましょう」

livedoorのポータル担当、いじちさんのブログより。(新いじちのblog:ブログを書くことについて

ポータルサイトには事件をきっかけにアクセスが殺到しましたが、普段からどんなことがあってもシステムをダウンさせないという仕事に対する使命感が、このような状況になっても忘れずに続けられたことがうれしく思えました。

私は様々な報道に対して、「まだ諦めていない、これからもポータルサイトとしてやって行くんだ。ライブドアスタッフを家族に持つ方達へ心配しないで欲しい。」ということを伝えたい為にブログの更新を始めました。

企業買収が注目を集めていた頃も地道にポータル運営に携わってきた人達にとっては、今おかれている状況に納得がいかない点も多いと思います。ただ、マスコミでの扱われ方を考えるとこの時期にあえてブログを通じて、livedoorの人間としてのメッセージを発信することは勇気のいることだと思います。自分達の仕事に自信と誇りがあれば、それを伝えていけばいい、とはいえ。社長日記がそうであったように、マスコミに変にネタにされるという危険もはらんでいますし。

それからこのブログを見たライブドアスタッフにもお願いしたいことがあります。自分達の仕事に皆誇りを持っているはずなのでブログを書いて今の状況や気持ちを率直に発信してもらいたいです。

ライブドアスタッフの皆にお願いします。ブログを書きましょう。

最後の一文がすごく印象的です。

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/363

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦