HTMLコーダーの生きる(生き残る)道

昼休みに、最近会社に入ってきた新人さんと仕事トーク。そこでこんな話に。「HTMLコーダーっていうか、Webオペレーターの類の仕事ってこれからどうなるですかねー」

個人的には、月並みな話ですけど、これから、SEOやアクセシビリティの両側面から、Web標準が当たり前になっていくに従って、HTMLコーダーって仕事はかなり変化を求められるというか、極端な話、コーダーって職種自体消滅してんじゃないか、という予感がしてます。予感、なので薄っぺらい話だったらスイマセン(笑)

blog等のCMSの普及で、クライアントがコンテンツを更新できるようになることで、プレスリリース等の単純な作りのページをわざわざ制作会社に発注する必要もなくなる、ということもあるんですが、それとは別の根拠。見た目(CSS)と構造(HTML)を分離することで、デザイナーは文書構造も考慮してデザインを上げなくてはいけないし、使用するクラス・IDの管理、サイトの運用とかも考えないといけない。そうなると、デザインとコーディングの2つの側面を理解している人が必要になってくる訳です。

…そんな理由から、HTMLコーダーはただデザイナーから渡されたPSDをせっせとスライス切って、書き出して、テーブルに落とし込んで、をいつまでも続けられるとは思えないんです。というか、「実際にサイトを使う人のために、意義のある仕事をしたい」みたいな理想(仕事のための仕事ではなく、誰かのための仕事)があるのに、やってることが流れ作業というか単純作業というか、そういう溝を感じているので、現状を無理矢理でも打破したい、みたいな気分もあるので。

「で、先輩はこれからどうするんですか?」

…それをここ半年くらい考えてるんですけど(-_-;)(※そんな偉そうなことを言っている私は、「ただのHTMLコーダー」の一員。いろいろ試行錯誤、ジタバタしてます。)

コメント

Web標準だとかHTMLコーダーがどうとか、
全くもってチンプンカンプンですが、
>デザインとコーディングの2つの側面を理解している人が必要になってくる
っていうのは、ああそうだね。と思う。
なんか、こう雰囲気で。

ひとつの作業を極めるような職人気質だけでなく、関わるすべての知識や技術が必要とされるようになってきたのは、どこの職種も同じなのかな。
私も似たようなこと、最近考えてます。
乱暴な言い方をすれば、
「Webの仕事するんなら、Webの全部を知っておけよ」ってことなのかしら。厳しいやね。
でもよく考えれば、それって当然至極のことだったりする。
ますます厳しいやね。

| みや | 2005/05/11 1:07 AM |

小さな土木計算会社で一人HP制作代行業務ちゅう。自分が何屋かわからない22歳です。

標準化が進めば、HTMLでこんなに悩まずに済むんですかねぇ。。もぅ、ネスケ4・IE5とか勘弁してほしいし(ノ_・、)スライス嫌ってスタイル多用したせいで泥沼ですよ。。

標準化する程多様に複雑になっていくわけだし。コーダーは無くならないんでないかな・・・?
でも、コードが負担するデザイン比率が増えれば、益々デザイナが理解してる方が望ましいのは確かだし。プログラマ側からの侵食もあること思えば、純粋なコーダーってのは辛い位置か知れんですね(´・ω・`

逆に、とにかく全てが半端な新人的は特化したくて仕方ない。。

| しろぽ | 2005/05/20 2:46 PM |

なんだか勢いに任せて載せたエントリーだったんで、後から読んでみたら冷や汗が(笑)

>みや
専門用語全開でスイマセン。でも、Webのあらゆることができる、とまでは行かなくても、「知っている」「分かっている」のレベルまでは行かないと恥ずかしいなぁ、とは思うんですよ。紙の媒体もそうなのかー。

>しろぽさん
コメント、ありがとうございます。さすがに自分でも「コーダーが無くなる」は若干言い過ぎた間があります。って自分で言うな、って話ですけど。
でも、おっしゃる通り、微妙な立場ですよね。何かその人の「売り」が無いと厳しいような。

| ネコゼ | 2005/05/21 6:45 PM |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://necoze.cc/trackback/204

中の人、ご紹介

制作会社でマークアップ芸人、改め、うっかりIA(自称)をやってます。CSSとかHTMLとかでもご飯食べてます。気が弱くて省スペース設計。でも小言が多い、環境に優しくない32歳です。

過去のイベント出演暦